So-net無料ブログ作成

長泉町内の観光スポット-022 桃沢川源流地点 [観光スポット]

私の住んでいる静岡県駿東郡長泉町は伊豆半島の付け根辺りに位置しています。
伊豆半島は本州で唯一フィリピン海プレートの上にあります。伊豆半島の元は約2000万年前の南海の海底火山でした。そして200~100万年前には南洋に浮かぶ火山島になり、プレートの北上に伴い100~60万年前にその火山島が本州に衝突し、その後も火山活動を繰り返しながら60~20万年前に現在の伊豆半島の形になったそうです。そのため長泉町には昔の火山活動の名残が多く存在します。また長泉町には旧石器時代から人が住んでいた跡が有ったり、鎌倉時代・戦国時代の旧跡や言い伝えが多かったり、近代では丹那トンネルができるまでは東海道本線の三島駅があったので各時代の観光スポットが揃っていてます。
そこで、散歩の途中で立ち寄った町内の観光スポットをここに紹介しようと思います。
不定期な紹介になりますがお楽しみください。
---------------------------------------
長泉町の観光スポットとして今までに愛鷹山にある水神社やうろこ岩やつるべ落としの滝等を紹介してきましたが、その度に通る桃沢川源流に関して報告していませんでした。
改めて紹介します。
愛鷹山は板状節理が発達していて雨水はすぐに地面に浸透してしまうため川の少ない山です。桃沢川は愛鷹山の数少ない川のひとつで、その名の由来は「愛鷹山を八方に刻む放射谷を百沢(ももざわ)と言っていた」から来ていますが、いつからか百ではなく果物の桃になりました。
桃沢川は愛鷹山の断層を流れる川です。深い断層を見ながらそれに沿って水神社から登って行くと数分後に川のせせらぎが突然後方からしか聞こえなくなります。そこが桃沢川の源流地点です。

桃沢川源流ー1.JPG
源流地点の入り口にはヒメシャラの大木があります。大きな瘤の上方にはしめ縄が架かっているのでご神木と思われます。

桃沢川源流ー2.JPG
こんな大きな瘤ができているのですぐに見つけられます。

桃沢川源流ー3.JPG
ヒメシャラの大木の横あたりから藪の中を進むと苔むした枯れ沢に出ます。
ここが桃沢川の源流地点です。ボコボコと水が湧き出していることで有名な柿田川の湧水とは違い、枯れ沢の岩の下で愛鷹山の伏水が染み出て作ったほんの小さな流れが集まりながら徐々に流れを太くして行きます。
なおこの場所にはハコネサンショウウオが生息しています。

桃沢川源流ー4.JPG
この岩の割れ目の下からも水が染み出て、今にも途絶えてしまいそうな流れを作っています。

桃沢川源流ー5.JPG
大きく引き伸ばすとこんな感じです。

この小さな流れが下流に行くに従って集まり、水神社のあたりで滝となり桃沢川になって約10km下流の鎧が淵あたりで黄瀬川に合流します。

水神社の滝や鎧が淵の滝と合流地点については、このBlogの「長泉町の観光スポット-015 水神社」と「長泉町の観光スポット-008 鎧が淵」をご参照ください。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。