So-net無料ブログ作成
検索選択

木彫-006 [木彫]

”自己流でもなせばなる”と仏頭の木彫にチャレンジし、その難しさに跳ね返されてからずいぶん日が経ちました。
その期間、空いた時間で図書館に行って仏像(菩薩)の写真を探したり、過去に訪れた寺や展示館でもらったカタログやパンフレットを引っ張り出してきて、仏像(菩薩)の頭部の各パーツの位置や大きさを測り、それぞれの割合を決めてみました。なお菩薩にしたのは宝冠や髪型が美しいかったので、木彫の難しさも増しますが完成時の達成感も大きいと思ったからです。
*仏頭の絵はエクセルの図のフリーハンドで描いたのではっきり言って下手過ぎますがご勘弁を。各部の位置や大きさが大体分かれば彫り進める中で修正して行けば良いと”緩く”作った図面です*
菩薩 頭部.JPG

この図面の割合で作ると実際にどの様なものができるか楽しみなのですが、現状では遅々として彫りが進んでいません、このままだと”とりあえず出来ました”のレベルでも秋の終わり頃になってしまうかもしれません。
進捗が芳しくないのは私のスキルが主な原因ですがそれ以外に海岸で拾ってきた流木を使っているのも一因だと思います。木の種類もよく分からない丸太の様になった拾ってきた木材は年輪の粗密度合(だと思っています)で彫り難い固い部分があり、その時に力を入れ過ぎると余分に彫れて取り返しがきかなくなり”やり直し”になる事が多々あります。
今からでも軟らかくて彫り易いヒノキの角材に変えた方が良いかもしれませんね。


マルイチ彫刻刀 砥石付 5本組



木彫りがおもしろい [ 渡辺二笙 ]



可愛さあふれる少女の木彫り 心なごむブローチ、ペンダント35作例/渡辺二笙【後払いOK】【1000円以上送料無料】



【中古】木彫りをはじめませんか—動物や仏像を身近な道具と材料で彫ろう



木彫り キーホルダー ふくろう【匠の木彫り コタンクル キーホルダー】



タグ:木彫
nice!(0)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。