So-net無料ブログ作成
検索選択

木彫-007 [木彫]

8月23日に報告した仏頭の木彫チャレンジの続報(取り敢えずの結果報告)です。
既報の通り、コツコツやれば”なせばなる”と無謀にも素人が(彫り方も学ばずに)自己流で、さらに小中学校の教材の5本セットの彫刻刀を使って仏頭の木彫にチャレンジし、その難しさに跳ね返されてから仏像(菩薩)の展示写真を集め、頭部の各パーツの位置や大きさを測定して大体の形のレイアウトを作って再挑戦しました。これが現時点の最終形です。(これが今の私の限界かもしれませんが)ここでの現時点の意味は、今でも「あの部分をこうすればもっとよくなるかも」を閃いたら直しているからです。*特に目が難しいです。下瞼のふくらみが少ないと表情が冴えないが多いと土偶の様になってしまい、何度か直しています*
菩薩ー2.JPG
菩薩ー1.JPG

なお菩薩の木彫を選んだのには2つ理由があります。仏頭を彫るために展示会のカタログ等を読んで知ったのですが、菩薩は如来と同様悟りを啓かれたが如来と違い人間界に来られていると言うので親近感を感じました。これがひとつの理由です。もうひとつは菩薩の宝冠や髪型が美しかったからです。しかし今思うと難易度が高すぎました。

ここに至るまでの木彫している正味時間は70時間です。以前にバラや杯を木彫した時に連続2時間を超えて彫っていると集中力が下がり削りすぎて取り返しがつかなくしてしまう事を経験したので、木彫は連続2時間以内と決めて彫り進めた結果、日数にすると30日位かかりました。また木彫は主に週末に行っていたので結局、約4か月過ぎてしまいました。

70時間の内訳ですが、レイアウト図を元に大体の形を彫るのは10時間程度でした。その後は宝冠をデザインし髪型を検討して彫り進み頭と顔のバランスを取るのにも10時間程度かかりました。残り50時間弱の大部分は顔の表情を作るのにかけた時間です。
当初はふくよかで静かな中に凛とした感じに彫り進めたのですが、私の菩薩のイメージと違う気がして途中で口角を上げて微笑んだ感じに直しました。ところが口元をいじっただけで目・鼻・頬とのバランスがしっくりこなくなり何度も輪郭から作り直す羽目になりました。そして写真の通り面長な顔になってしまいました。

今回の木彫チャレンジで学んだのは、大きく4つでした。
1.顔(表情)は構成しているパーツのバランスで成り立っている。そして各パーツは骨・筋肉・筋・皮膚で繋がっている。従ってひとつのパーツをちょっといじくるだけでも顔全体(もしくは頭部全体)を少しづつ彫り直す事になる。
→ 部分部分を完璧にしても全体は完璧にならない

2.毎朝、顔を洗う時に見ているはずなのに、顔の各パーツがどの様に繋がっているか知らなすぎる。どう彫るか迷った時に自分の顔を鏡で見たり手で触って初めて”こんな風に繋がっているんだ”と気付くことが多い。
→ 知っているつもりは未だ知らないレベル。知っている事は知っている、知らない事は知らないと限界を明確に知る事は大事。

3.あるパーツを彫りすぎて失敗しても全体のバランスを取るべく他のパーツを修正すると前より良くなっている事が割と多い。あたかも「こう彫りなさいと導かれた」ように感じる事があります。
→ 全体で問題無いなら部分が不完全でも支障はない。

4.ある程度形になってくると木彫の量は極端に少なくなる。1mm以下の削りでイメージがガラリと変わる。2時間の木彫で彫った粒が小さじ1杯にもならない。
→ 細部にこそこだわりがある。

今回の作品の大きさを表すためにゴルフボールを並べました。自分の未熟さが主要因ですが、この大きさだと私の腕では小中学校用の5本セットの彫刻刀では髪の毛の模様が彫れません。来年以降、もし菩薩に再々チャレンジする時は実物大(自分の顔の大きさ)程度にしたいと思います。
(多分次は阿弥陀手(品と生を結んだ手)、もしくは小動物になると思いますが)

菩薩ー3.JPG


マルイチ彫刻刀 砥石付 5本組



木彫りがおもしろい [ 渡辺二笙 ]



可愛さあふれる少女の木彫り 心なごむブローチ、ペンダント35作例/渡辺二笙【後払いOK】【1000円以上送料無料】



【中古】木彫りをはじめませんか—動物や仏像を身近な道具と材料で彫ろう



木彫り キーホルダー ふくろう【匠の木彫り コタンクル キーホルダー】



タグ:木彫
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

模様替え-004 クリスマスツリー [手作り作品]

数年前に山に散策に出かけた時に割と大きな松ぼっくりを見つけました。大きなものは高さが15cm以上、幅が8cm以上があるので体積比では普通の松ぼっくりの数倍にはなります。
暇になったら色を塗ってクリスマスツリーにしてみようと拾ってきたのですが、暇ができてもこの数年間は山で巨大な松ぼっくりを拾うだけでツリーにする作業は全くしませんでした。
その結果、松ぼっくりの数が20個を超えて物置の一部を占拠し処分対象になりそうなので、慌てて一昨日クリスマスツリーに加工しました。今年のクリスマスに間に合って良かったです。
なお、小さなこだわりですが松ぼっくりをモミの木に見えるようにするため裏は薄若草色に塗り、表は緑色に塗りました。色塗り完成後はイメージ以上の出来映えに驚きました。

X'mas-1.JPG

費用は、約¥100(内訳は下記)でした。
材料費
100均で購入した飾り4種  :¥400 X 1/4(使用量)=約¥100
水性塗料2種(緑、薄若草) :¥0 *家にあったため。新規購入なら¥500/本程度かかります*
加工費(作業費)       :¥0 *暇な時間に自分でやったため。作業時間は正味2時間ですが、塗料が乾くのに1時間x2回待ったので、4時間(約半日)掛かりました*

先ほど玄関に飾ってみました。こんな感じです。
X'mas-6.JPGX'mas-7.JPG



クリスマスツリー 手作りキット■材料(花材・マニュアル) キット■松ぼっくりのクリスマスツリー■ナチュラル クリスマスツリー■子供から楽しめる ツリー■クリスマス ツリー キット■光触媒加工



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

焼き物-003 [焼き物]

東京の骨董市に行って来ました。
定期的(例年、3月・5月・7月・9月・12月)にTRCで開催されている骨董市でビジネスマン時代に何度か行った事があります。
久しぶりでしたが雰囲気は以前とほぼ同じでした。違いは外国の方が多くなったのとその方々の買い方がダイナミックなことでした。ここにも爆買いが及んでいるようです。
私はそんな買い方や交渉の仕方に影響され無い様に努め、自分の型を崩さずに「素人なのだから予算以内で自分が気に入ったもの」を探しました。またこの骨董市は約250店舗が出店していて、いつもより”骨董”に触れる事が出来る機会が多くなるので、視覚だけでなく触覚でも良いものを覚えたく、値が張る品でも気に入ったものは勇気を出して壊さないように細心の注意をして手に取るようにしています。
結果、今回の予算額は¥5,000としたので高価なもの・大物は範囲外になりましたが、気に入った小皿が¥2,400で手に入りました。

骨董市に到着後、いつもの様に先ずはひと廻りしましたが店の数が多く1周するのに2時間半程度かかりました。金額を機にしなければ欲いものはたくさんありましたが良いものはやはり高いです。その中で、自分が買える範囲で気になったのは「古伊万里の染付小皿」でした。見た目は古そうですが1枚¥1,000なので偽物か最近の作品じゃないかと疑いを持ちました。しかしよく見ると欠け部分を金継してあるので、”安い小皿を金継したらそっちの方が高くつく・・・と言う事は本物か?”と考え直して、買うならどれにしようと選んでいると、店の人が「この3枚は元禄、そっちの3枚は文化文政のものだよ」と教えてくれました。そこで、どうせなら古いものをと元禄時代のものを選び、買う事に決めました。本物なら350年位前の職人が作ったものになります。その時代やその人を思う(妄想する)となんか凄いものに思えて興奮しました。
とは言え、購入時には3枚買うからといつもの様に値下げ交渉し1枚¥800にしてもらいました。あとで気が付いたのですが、その値段までまけてもらえるなら文化文政の3枚も買えたのにと残念です。

2015 骨董市.JPG
*比較のために¥500硬貨を置きました。小さい皿ですが手書きの絵がなかなか良いです*
本物の骨董かどうかは私にはわかりませんが古そうな雰囲気があるので気に入ってます。この年末年始にこの小皿を使って刺身でも食べようと今から楽しみです。


【中古】 やきものの見方ハンドブック /仁木正格(著者) 【中古】afb





小鉢 小皿 古伊万里の定番、なます皿 モダン 有田焼 染付牡丹 4.5寸なます皿



小皿 取り皿



タグ:焼き物
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。