So-net無料ブログ作成

長泉町内の観光スポット-017 つるべ落としの滝 [観光スポット]

私の住んでいる静岡県駿東郡長泉町は伊豆半島の付け根辺りに位置しています。
伊豆半島は本州で唯一フィリピン海プレートの上にあります。伊豆半島の元は200~100万年前には南洋に浮かぶ火山島でした。プレートの北上に伴い100~60万年前にその火山島が本州に衝突し、その後も火山活動を繰り返しながら60~20万年前に現在の伊豆半島の形になったそうです。そのため長泉町には昔の火山活動の名残が多く存在します。また長泉町には旧石器時代から人が住んでいた跡が有ったり、鎌倉時代・戦国時代の旧跡や言い伝えが多かったり、近代では丹那トンネルができるまでは東海道本線の三島駅があったので各時代の観光スポットが揃っていてます。またその中の10ヶ所は町内のジオポイントになっています。
そこで、散歩の途中で立ち寄った町内の観光スポットをここに紹介しようと思います。
不定期な紹介になりますがお楽しみください。
---------------------------------------
梅雨が明けたので、今週初めに(長泉町から愛鷹山に向かう際の玄関口にある)今が見頃の『つるべ落としの滝』に行ってきました。
つるべ落としの滝ー12.JPG

桃沢川の源流にある水神社から桃沢橋までは割と道幅のある道路ですが、桃沢橋からつるべ落としの滝に向かう道はいわゆる山道になります。桃沢橋からつるべ落としの滝までは約1.3kmです。

山道に入って間もなく枯れた沢がありました。
つるべ落としの滝ー1.JPG
愛鷹山は、伊豆半島(当時は島)が本州に衝突して現在の伊豆半島の形になった頃、今から40万年前まで活動していた火山です。愛鷹山の溶岩は冷えて固まり板状節理を形成しました。板状節理は溶岩の間に亀裂があるので水が浸透し易すく、雨水は地面に浸透し枯れた沢が多いのだと言う事です。

つるべ落としの滝ー2.JPG
山道に入って300mのところに標識がありました。

つるべ落としの滝ー3.JPG
標識からつるべ落としの滝方面に進むと苔むした森になります。宮崎駿の世界です。明るい割に湿気のあるヒンヤリした空気で満たされています。そう言えば『もののけ姫』にアシカタって名の若者がいましたね。愛鷹山と関係があるんでしょうか。

つるべ落としの滝ー4.JPG
少し先に進むと板状節理の山壁があちらこちらに見えました。名通り板を重ねたように見えます。

つるべ落としの滝ー5.JPG
その先には千じょう岩の看板がりました。こんな山の中に立派な看板がある事に管理されている方の苦労を感じます。

つるべ落としの滝ー6.JPG
これが千じょう岩です。この時は雨後で滑り易そうだったので下には降りませんでした。

つるべ落としの滝ー8.JPG
歩いている山道はこんな感じです。左側は山が迫ってきています、右側は沢に向かって崖です。
写真を取り忘れましたが途中に道幅30cmの狭い道が10m位続きます。そこは山側(崖)に張られたロープを伝って歩きました。このロープを張ったり替えたりする管理の人に感謝です。

つるべ落としの滝ー7.JPG
右側の崖の下はこんな感じの枯れ沢です。

つるべ落としの滝ー9.JPG
つるべ落としの滝まで残り200m位のところに『幻の滝』がありました。雨後なので少し水が流れていました。
つるべ降ろしの滝は雨後しか滝にならないから別名まぼろしの滝と言うんだよと聞いていましたが間違いのようです。愛鷹山の板状節理は水が浸透し易く、愛鷹山にあるほとんどの滝は雨後にしか見られないのだそうです。それらの滝の中でこの滝は幻の滝と言うそうです。
今回見る事の出来た小さな滝の周りには葉がたくさん生えていました。イワタバコです。
イワタバコの花の時期は夏季1か月くらいなので、群生して花を咲かせているイワタバコに会えてLuckyです。

つるべ落としの滝ー10.JPG
イワタバコを接写してみました。
(詳しくは私の別のBlog http://kuwainohajime.blog.so-net.ne.jp/ 「山菜・山野草-059 イワタバコ」をご覧ください)

つるべ落としの滝ー13.JPG
ついにつるべ落としの滝に到着です。ここにもちゃんとした看板がある事に驚きます。定期的に状態を確認して、傷んだら交換しているんでしょうね。感謝。

つるべ落としの滝ー11.JPG
雨後なので立派な滝でした。普段の梅雨明け時期ならもっと水量があるそうですが私は十分満足できました。

つるべ落としの滝ー14.JPG
滝の上流はこんな感じです。山深いところにある滝って事が分かります。

つるべ落としの滝ー15.JPG
滝の裏側は板状節理です。
写真の真中にある横一文字の割れ目から水鉄砲の様に水が噴き出していました。溶岩(板状節理)の中を流れてきた水が割れ目から噴き出しているんです。
なお滝周辺には太めのウワバミソウ(知る人ぞ知る美味しい山菜、茎がシャリシャリして旨い、詳しくは私の別のBlog http://kuwainohajime.blog.so-net.ne.jp/ 「山菜・山野草-025 ウワバミソウ」をご覧ください)が群生していました。

帰りは来た道を戻りましたが、美しい滝が見られた感動で疲れが吹き飛び、あっという間の帰路でした。
次につるべ落としの滝に来る時は更に先の馬場平(昔は馬を放牧した奥山、それも柵無し・管理無しの放し飼いで育て、3歳馬になると山から降ろしたと言われる場所)を通り位牌岳を目指してみたいと思います。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

近隣の隠れた観光スポット-006 かんなみ仏の里 [観光スポット]

伊豆半島は本州で唯一フィリピン海プレートの上にあります。
200~100万年前には南洋に浮かぶ火山島でしたがプレートの北上に伴い100~60万年前に本州に衝突し、その後も火山活動を繰り返しながら60~20万年前に現在の伊豆半島の形になったそうです。そのため珍しい地形・地質も多く、観光スポットになっています。
しかし全国区的に有名な観光スポットは私の紹介は不要ですから、地方区的な隠れた場所を紹介しようと思います。
不定期な紹介になりますがお楽しみください。
---------------------------------------
少し間が空いてしまいましたが・・・
7月4日にながいずみ観光交流協会のメンバー12名で函南町の『かんなみ仏の里美術館』『丹那断層と火雷(カライ)神社』『柏谷の横穴群百穴』に行ってきたので紹介します。(順不同)

今回は『かんなみ仏の里美術館』です。
函南町(かんなみちょう)は伊豆半島の付け根にあり三島市と伊豆の国市と熱海市と箱根町に囲まれた田方郡の中にあります。
かんなみ仏の里美術館はJR函南駅から車で約5分のところにあります。
(函南町桑原区の方には大変失礼な言い方で申し訳ありませんが)今でさえ山奥なのに、なんでこんなところに国宝・重文級の仏像が多数あるのかと不思議に思いながら美術館の中に入ると、最初にボランティアガイドの方が如来・菩薩・明王・天・十二神将・羅漢・大師・上人・和上などの違いを教えてくれます。その後この美術館の元になった薬師堂やその前身となる817年建立の新光寺の縁起を教えてくれます(この辺りが昔は箱根神社の管理下にあり源頼朝などが寄進した寺があったのだと知りました)。そして仏像の作り、九品印の意味、近隣にある国宝・重文級の仏像について説明してくれます(函南町から下って伊豆の国市の韮山の願成就院や伊豆市の修善寺に国宝の仏像があった事を思い出させてくれました)。
いよいよ仏像が展示してある部屋に入ると中央に大きな薬師如来、正面に阿弥陀三尊、右に十二神将、左に地蔵や上人像が全部で24体も置かれているのに驚きます。一度にこれほどの数の仏像を見られるのは珍しいです(東京・奈良・京都の展示館や美術館なら別ですが普通の寺にはこんなに多くないでしょう)し、全て数十センチまで近づいて見られるのは感激です。

かんなみ仏の里-1.JPG
薬師如来は榧(かや)の一木割矧造で平安時代中期の作と言われており県指定有形文化財です。中央に置かれているので仏像を背後からも見る事が出来るのも珍しいです。

かんなみ仏の里ー3.JPG
阿弥陀如来三尊は檜(ひのき)の一木割矧造の『実慶』作で国指定重要文化財です。(慶派は奈良興福寺を本拠とした鎌倉時代の仏師工房)

かんなみ仏の里ー2.JPG
十二神将は全国的にも珍しく12体が揃っており、像高も1m以上と大型で迫力満点です。製作年代は特に珍しい平安時代が3体、鎌倉時代・南北朝時代・室町時代が8体、江戸時代が1体です。それぞれの神将には干支が頭部に飾られていて自分の干支の神将を探すのも楽しいです。


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

身近な美しい草木-028 ウバユリ [身近な美しい草木]

私たちの身近には山野草を始め、廻る季節に合わせて美しい花や葉を見せてくれる草木がたくさんあります。その中の食べて美味しく健康をもたらせてくれる葉・花・実は私のもうひとつのブログに載せていますが、食べられないために季節に合わせて美しい姿を見せてくれる草木を紹介する場が無かったのでここに載せる事にしようと思います。不定期になりますが(私見で)馴染みの少ない花たちを紹介しようと思いますのでお楽しみください。
---------------------------------------
東海地方は梅雨も明けて夏真っ盛りです。
梅雨明け後の今の時期は長泉町から愛鷹山に向かう際の玄関口にある『つるべ落としの滝』が見頃なので、森林浴(マイナスイオンのシャワー)とミステリアスパワー浴と涼を求めて登ってきました。
途中の山道にユリが3種咲いていたので報告します。
(『つるべ落としの滝』については、近々このBlogの「旅行・観光スポット」で報告します)

<ウバユリ>
ウバユリ.JPG
長泉町を流れる桃沢川(昔は愛鷹山を端とする川が多いため総称して百沢川と言ったそうです)を遡り、川の始点となる愛鷹山水神社(詳しくは「長泉町の観光スポット-015」を参照ください)を過ぎて更に登り、うろこ岩(詳しくは「長泉町の観光スポット-001」を参照ください)を左手に見ながら通り過ぎ、登山道に入る少し手前まで来たら、道の真ん中に往来を遮るように50~60cmのウバユリが立ち上がっていました。まだ開花前だったので、今月末もしくは来月初に花を確認に行こうと思います。
ユリ科ユリ属の植物。
関東以西に分布し林の中に自生します。花期は7~8月です。
葉は丸く縁が波打っていて他のユリの葉とは全く違います。
葉は太い茎の途中に集まり、花が咲くころには枯れてしまいます。「葉」を「歯」に置き換えて、歯の無い姥に例えてこの名が付いたようです。
またヤマユリ同様、鱗茎は食用になるようです。
なお日本海側や東北地方には2mを超すオオウバユリと言うものがあるそうですが私は見たことがありません。

この時期に山に行くと必ずお目にかかるのはオニユリとヤマユリです。綺麗に咲いていたので”馴染みの無い花たち”ではありませんが報告します。

<オニユリ>
オニユリ.JPG
桃沢川を遡り始めるとすぐにオニユリが咲いていました。
鮮やかな朱色が目に飛び込んできました。
すぐ手の届くところにあったので葉の付け根にあるムカゴを4つ採ってきました。鉢に播いて来年鉢植えで楽しもうと思います。
なお花やムカゴを採る時に花粉に触らない様に注意してください。朱色がついてしまうとなかなか落ちません。
ユリ科ユリ属の植物。
北海道~九州まで分布し野原や土手に自生します。花期は7~9月です。
鮮やかな朱色の花が鬼の顔に見立てられてこの名になったそうです。

<ヤマユリ>
ヤマユリ.JPG
更に少し遡ると背が高く大きな白い花と強烈な甘い香りでヤマユリが咲いているのに気が付きました。
ユリ科ユリ属の植物。
近畿以北の本州に分布し林の縁に自生します。花期は6~8月です。
ユリの名は風にそよぐ花の様子から、漢字の「百合」は鱗茎の様子からついたと言われます。
鱗茎は美味で精進料理などで使われています。


山野草ガイドブック [ 平野隆久 ]




【中古】【メール便可】咲く順でひける 四季の花事典 / 鈴木路子




タグ:四季の草木
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

近隣の隠れた観光スポット-005 丹那断層と火雷神社 [観光スポット]

伊豆半島は本州で唯一フィリピン海プレートの上にあります。
200~100万年前には南洋に浮かぶ火山島でしたがプレートの北上に伴い100~60万年前に本州に衝突し、その後も火山活動を繰り返しながら60~20万年前に現在の伊豆半島の形になったそうです。そのため珍しい地形・地質も多く、観光スポットになっています。
しかし全国区的に有名な観光スポットは私の紹介は不要ですから、地方区的な隠れた場所を紹介しようと思います。
不定期な紹介になりますがお楽しみください。
---------------------------------------
7月4日にながいずみ観光交流協会のメンバー12名で函南町の『かんなみ仏の里美術館』『丹那断層と火雷(カライ)神社』『柏谷の横穴群百穴』に行ってきたので紹介します。(順不同)

今回は『丹那断層と火雷神社』です。
丹那断層は静岡県田方郡函南町にある国指定の天然記念物です。1930年の北伊豆地震の際に生じた断層のズレが一目で分かるように保全され、その一帯が公園(丹那断層公園)になっています。

丹那断層ー1.JPG
この伊豆半島ジオパーク案内板=丹那断層の説明板が公園の駐車場のすぐそばに立っています。
それによると
・丹那断層は、箱根峠の南から始まり、函南町の田代盆地、丹那盆地を通り、伊豆の国市の浮島までの南北18kmにわたり、更に浮島から南西に13kmほど断層群が連なり伊豆市の早霧湖(さぎりこ)付近に達する、総延長31kmの活断層であること。
・1930年の北伊豆地震(北は福島・新潟、南は大分まで振れを感じたそうです)により場所によっては2m以上の横ズレが生じたこと。
・北伊豆地震による断層のズレを調査した結果、過去8,000年の間に9回の地震を発生させていることと、断層を挟んだ川と谷の様子から(写真のAとA'、BとB')水平方向に1km以上・上下方向に100m以上ズレていると分かったこと。
などを知り、地球のエネルギーの計り知れない大きさに驚きました。以前にここに来た時にも、北伊豆地震での丹那断層のズレが2m以上もあるとビックリしたのですが、丹那断層のスケール(31km超)と蓄積された断層のズレの巨大さ(1km超)は想像を絶するものでした。
近くの玄岳(クロタケ)からの眺めると盆地を繋ぐ丹那断層のおおよその位置が分かると聞いたので機会を作って玄岳に登ろうと思います。

丹那断層ー3.JPG
丹那断層ー2.JPG
案内板の隣に公園の看板と丹那断層公園と火雷神社の位置を表示した地図があります。
丹那断層公園と火雷神社は徒歩で2時間ちょっと掛かるようですが、当日は車だったので楽できました。

丹那断層ー5.JPG
丹那断層ー7.JPG
丹那断層ー6.JPG
公園内の北伊豆地震でズレた痕が分かり易く説明されています。
石を円形に置いて作られていた池が断層の左横ズレにより石組が逆S字になっています。これだだけでもどれだけのエネルギーが必要なのか分からないのに・・・1km以上のズレを作る地球内の力の凄まじさは想像すらできません。

丹那断層ー8.JPG
丹那断層ー9.JPG
公園内に断層の地下での状態を直接観察できる場所が作られていました。
地面に垂直な割れ目が地中深くに潜り込んでいます。この割れ目に沿って地面が上下・左右にズレるんだと思うと恐怖さえ感じます。

火雷神社は丹那盆地の北側にある田代盆地の中にあります。1930年の北伊豆地震で生じた左横ズレ断層運動の証拠として保存されています。

火雷神社ー3.JPG
火雷神社の地震で壊れた鳥居と石段を位置を見ると石段が左に1m程度ズレていることが分かります。

火雷神社ー2.JPG
近くにある説明版です。点線で壊れる前の鳥居が描かれているのでズレが分かり易いと思います。




nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

長泉町内の観光スポット-016 下土狩駅(ながいずみ観光交流協会) [観光スポット]

私の住んでいる静岡県駿東郡長泉町は伊豆半島の付け根辺りに位置しています。
伊豆半島は本州で唯一フィリピン海プレートの上にあります。伊豆半島の元は200~100万年前には南洋に浮かぶ火山島でした。プレートの北上に伴い100~60万年前にその火山島が本州に衝突し、その後も火山活動を繰り返しながら60~20万年前に現在の伊豆半島の形になったそうです。そのため長泉町には昔の火山活動の名残が多く存在します。また長泉町には旧石器時代から人が住んでいた跡が有ったり、鎌倉時代・戦国時代の旧跡や言い伝えが多かったり、近代では丹那トンネルができるまでは東海道本線の三島駅があったので各時代の観光スポットが揃っていてます。またその中の10ヶ所は町内のジオポイントになっています。
そこで、散歩の途中で立ち寄った町内の観光スポットをここに紹介しようと思います。
不定期な紹介になりますがお楽しみください。
---------------------------------------
ふらっと立ち寄った観光地が、有名な場所であっても・知られていない隠れ家の様な場所であったらなおさら、その地域の歴史・地理・文化・レジャー施設・宿泊場所などをアドバイスやガイドしてくれる『街の案内人』と、ここに来た思い出や足跡のための『お土産』は必需品ですね(更にそこでしか見れない・そこでしか体験できない・そこでしか買えないものがあれば最高)。
以前報告した『長泉町の観光スポット-011 下土狩駅』のすぐ隣にあるコミュニティーセンター2Fには『ながいずみ観光交流協会』があります。
そこには『街の案内人』が常時います(月曜日は休館)し、それ以外にも、
・2000万年前の伊豆半島がまだ海底火山だった頃の溶岩・10万年以上前に火山活動を休止した愛鷹山の溶岩・1万年以上前の富士山から流れ出た三島溶岩と火山弾等が展示されていて、なんと!触る事が出来ます。
・長泉町の見どころ(ジオポイント含む)とその歴史などをパネルで紹介しています。
・伊豆ジオパークのビデオも上映されています。
・近隣の観光地、美術館、文学館、サッカーミュージアム、宿の情報や割引券も置いています。
・『お土産』には、三島溶岩に似せたジオロック(砂糖菓子)・絵葉書・一筆箋・特産の土狩芋で作ったイモ焼酎・近所の主婦たちが作っている飾り瓢箪等があります。

瓢箪ー1.JPG
飾り瓢箪は綺麗な色・模様の和紙を貼ったものや貝殻を貼り付けて磨いたものなどがあります。
この瓢箪は2つとも貝殻を貼り付けて磨き上げたものだそうです。隣の500円玉と比べると小さい瓢箪だと分かりますが『良い仕事』しているので存在感があります(たまたま比較に使った500円玉ですが1個¥500です(交渉で値引き可(?))。
なお最近は瓢箪を育てている農家が少なくなったので、元の瓢箪が不足して数を作れなくなってきているとの事です(希少になりつつあるようです)。

瓢箪ー3.JPG
これは下地に色を付け、藍色を付けた貝殻を貼り付け磨いたものだそうです。

瓢箪ー2.JPG
こちらは下地に色を付け、貝殻を貼り付けて磨いたものだそうです。

長泉町に来られた時は先ずは観光交流協会に足を運んでください。地域の情報とその土地の歴史や文化などを入手して観光巡りをすると、観光スポットの素晴らしさの理解が深められますし、なにより旅の効率が良くなります。またお土産も見られます。


県庁おもてなし課 [ 有川浩 ]



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

身近な美しい草木-027 オオガハス [身近な美しい草木]

私たちの身近には山野草を始め、廻る季節に合わせて美しい花や葉を見せてくれる草木がたくさんあります。その中の食べて美味しく健康をもたらせてくれる葉・花・実は私のもうひとつのブログに載せていますが、食べられないために季節に合わせて美しい姿を見せてくれる草木を紹介する場が無かったのでここに載せる事にしようと思います。不定期になりますが(私見で)馴染みの少ない花たちを紹介しようと思いますのでお楽しみください。
---------------------------------------
オオガハスー2.JPG
駿東郡長泉町下土狩駅すぐ隣のコミュニティーセンター2階の文化財展示館の横にオオガハスが見頃を迎えています。

オオガハスー3.JPG
ハスはそれぞれ甕で育成されているようで15個の甕の中のハスが花を咲かせていてきれいです。(蕾があったので、もうしばらくは花を楽しめるのではないかと思います。)
また昨日の雨の後なのでハスの葉の上にはひとつづつ水の玉が乗っていて、それもまた趣がありました。

<オオガハス>
オオガハスー1.JPG
オオガハスは1952年に千葉県検見川の落合遺跡で発掘された今から2,000年以上前の古代のハスの種から発芽・育成・開花させたものです。
植物学者でハスの権威であった大賀一郎博士が発芽・育成を試みて、1年かけて1952年7月にピンクの大輪の花を開花させました。このことはアメリカの雑誌にも『世界最古の花、生命の復活』として紹介されました。(私の生まれるずっと前に話ですが、中学生の頃、歴史の先生から「大昔の花の種が奇跡的に花を咲かせた」と聞いた記憶があります。きっとこのハスの事だったんでしょう。)
大賀博士が年代測定してこのハスは弥生時代以前のものであると推定され、博士の姓をとり『大賀ハス(オオガハス)』と命名されました。
オオガハスは千葉県の天然記念物ですが、千葉市から長泉町が株を譲り受けて大切に育てているとの事です。
池ではなく甕の中で育った薄ピンクの大きな花びらを持つオオガハスの見ごろは7月上旬と聞きました。あまり日はありませんが興味のある方は見に来られてはどうでしょう。
*JR下土狩駅から南へ徒歩3分*


【中古】【メール便可】咲く順でひける 四季の花事典 / 鈴木路子




葉っぱで調べる身近な樹木図鑑増補改訂版 [ 林将之 ]




身近な野草・雑草




野の花 新ヤマケイポケットガイド / 木原浩 【全集・双書】




(ビオトープ/蓮)ハス(ピンク) 大賀蓮(オオガハス)(1ポット)



タグ:四季の草木
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。