So-net無料ブログ作成

長泉町内の観光スポット-025 牛ヶ淵 [観光スポット]

私の住んでいる静岡県駿東郡長泉町は伊豆半島の付け根辺りに位置しています。
伊豆半島は本州で唯一フィリピン海プレートの上にあります。伊豆半島の元は約2000万年前の南海の海底火山でした。そして200~100万年前には南洋に浮かぶ火山島になり、プレートの北上に伴い100~60万年前にその火山島が本州に衝突し、その後も火山活動を繰り返しながら60~20万年前に現在の伊豆半島の形になったそうです。そのため長泉町には昔の火山活動の名残が多く存在します。また長泉町には旧石器時代から人が住んでいた跡が有ったり、鎌倉時代・戦国時代の旧跡や言い伝えが多かったり、近代では丹那トンネルができるまでは東海道本線の三島駅があったので各時代の観光スポットが揃っていてます。
そこで、散歩の途中で立ち寄った町内の観光スポットをここに紹介しようと思います。
不定期な紹介になりますがお楽しみください。
---------------------------------------
牛が淵ー1.JPG
以前報告した幻の城『長久保城』の南東に位置し、梅の木沢川が黄瀬川に合流する地点から黄瀬川を少し上った所に『牛ヶ淵』と呼ばれる場所があります。
牛ヶ淵の上流は富士山溶岩(三島溶岩)で覆われています。また滝も淵も溶岩でできています。昔はこの下流に屏風を立てた様な岩”屏風岩”があったそうですが護岸工事で壊されてしまったとのことです。多分、大きな柱状節理だったと思われます。長泉町内では柱状節理は愛鷹山の位牌岳の頂上付近でしか見かけないのでとても残念です。

牛ヶ淵の滝は落差は4m程で幅は150m程です。この滝の規模に比べて淵は広く、深く、雄大な景観です。

牛が淵ー2.JPG
黄瀬川はいつもは穏やかに流れる川なのでこのような景観を楽しむことができますが、ひとたび豪雨に見舞われると濁流が渦巻き荒れ狂う川です。
そのためかこの淵には名の由来になった悲しい伝説が残っています。
「戦国時代のある豪雨の夜、長久保城が武田軍の攻撃を受け、善戦むなしく落城してしまった。城の萩姫は数人の兵士と女中とともに豪雨の中を牛車に乗りそっと抜け出し、この淵に来たところで牛車が足を踏み外して、牛車もろとも濁流渦巻くこの淵に沈んだ」という哀話です。

なおこの伝説には元になったと思われる3つの話が郷土の歴史書にありました。

一つ目は「大永6年(1526年)7月、北条氏綱が長久保城を攻めた。時の長久保城主 長久保親仲は今川氏親の援軍が来る事を信じて籠城すること13日、いよいよ落城となる前に300名の兵を逃がすために、この年19になる登羅姫を神に捧げる生贄とした。巡礼姿の登羅姫は紅の手綱に金の鞍を置いた黒牛に乗り城門を出て、敵味方注目の中、黒牛の背にあるまま長久保城に向かって合掌し、そのまま淵の深みに入水して消えていった」

二つ目は「永禄元年(1558年)12月28日、武田軍の急襲があり、時の長久保城主 水野忠祐は善戦するも落城し、19になる娘の萩姫は城の高所より黄瀬川に身を投げて自害した」

三つ目は言い伝わっている話そのままの「永禄元年(1558年)12月28日、武田軍の急襲があり、時の長久保城主 水野忠祐は善戦するも落城し、その際に愛娘の萩姫を牛車に乗せて逃がしたところ、牛車もろとも淵に転落して悲惨な死と遂げた」

個人的な見解ですが、牛ヶ淵の伝説は歴史書に残る一つ目と二つ目の事件の内容が似ているので混在してしまった上に、淵に近寄る怖さを強調し人が淵に近づかない様にするために自害を転落事故に変えて出来上がったのではないかと推測します。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

長泉町内の観光スポット-024 長久保城-2 [観光スポット]

私の住んでいる静岡県駿東郡長泉町は伊豆半島の付け根辺りに位置しています。
伊豆半島は本州で唯一フィリピン海プレートの上にあります。伊豆半島の元は約2000万年前の南海の海底火山でした。そして200~100万年前には南洋に浮かぶ火山島になり、プレートの北上に伴い100~60万年前にその火山島が本州に衝突し、その後も火山活動を繰り返しながら60~20万年前に現在の伊豆半島の形になったそうです。そのため長泉町には昔の火山活動の名残が多く存在します。また長泉町には旧石器時代から人が住んでいた跡が有ったり、鎌倉時代・戦国時代の旧跡や言い伝えが多かったり、近代では丹那トンネルができるまでは東海道本線の三島駅があったので各時代の観光スポットが揃っていてます。
そこで、散歩の途中で立ち寄った町内の観光スポットをここに紹介しようと思います。
不定期な紹介になりますがお楽しみください。
---------------------------------------
”長泉町内の観光スポット-019 長久保城”で紹介した長泉町長窪地区にある長久保城趾の続報です。

長久保城ー6.JPG長久保城ー7.JPG
この”長久保城趾”の碑は本丸跡地から北に数十mの場所に移設され、現在は国道246号線沿いにありました。
長久保城趾の土塁は新幹線の土手や国道246号線の土手に使うために崩されてしまい今はほとんど残っていないので幻の城となっていますが、戦国時代には豊臣秀吉や徳川家康をはじめ名のある武将が訪れて軍議を図った戦闘の前線基地でした。
由来の石碑によると、長久保城は鎌倉時代の初期に当時の東海道の要所である足柄を治めていた竹下氏(藤原家の一門)が現在の長泉町長窪地区の丘に『砦』を築いたのが始まりだそうです。

長久保城ー4.JPG
長久保城は丘の上に建つ平山城で天守閣は無かったようです。西は長窪谷と桃沢川と谷津川で、南は黄瀬川で、東は梅の木沢川で隔てられ、北は愛鷹山が聳えていて、自然の地形を生かした攻められ難く守りの堅い城だったようです。
また当時は駿河の国から関東方面に出るには箱根街道か足柄街道のどちらかを通らねばならず、険しい箱根の嶮を避けるには必ず長久保城下の足柄街道を通るしかないので長久保城は要衝の地でもあったでしょう。
そのために戦国時代には今川氏・北条氏・武田氏・徳川氏などで争奪が繰り返されたのだと思いました。
長久保城は長泉町を通る国道246号線の南側にあるショッピングモール(名称ウェルディー)辺りが本丸、国道246号線の北側の工業所辺りが二の丸、その西にある長泉北小学校辺りが三の丸だったようです。
そうすると城は東西方向に約600m、南北方向に約500mの楕円形をした相当大きなものだったと考えられます。

長久保城ー9.JPG
過去に存在した長久保城の南西端に位置する黄瀬川の端から見るとこんな感じです。
正面奥の林は現在の城山神社で昔の西の砦、その手前の大きな建物がショッピングモールで昔の本丸、写真の下から左に上がる様に流れるのが黄瀬川、少し見難いですが写真の右端の橋の下を流れて黄瀬川と合流するのが梅の木沢川です。こんな写真からも、長久保城は川に囲まれた丘に立っていたから難攻不落の城だったのだろうとわかります。

長久保城ー8.JPG
ショッピングモールの南東端にある派出所の裏に”長久保城諸霊供養之碑”が建っていました。古いものではなさそうですが戦国時代には多くの兵士が黄瀬川や梅の木沢川や桃沢川を越えようと傷つき死んで逝ったのだろうと想像できます。なお写真はありませんが長久保城趾の南にある桃沢川に架かる”高橋”橋の辺りは高い崖になっているので城争奪の攻防が激しかったと言い伝えられており、そこから程近くの黄瀬川の淵は”鎧ケ淵”と呼ばれています。名の由来は、戦闘で血に染まった鎧を洗ったからとか壊れた鎧を沈めたからとか言われています。(”長泉町内の観光スポット-008 鎧ヶ淵”を参照ください)

城山神社ー1.JPG城山神社ー4.JPG
ここが城山神社です。今は神社であり公園にもなっていて長泉町民の憩いの場所となっていますが、長久保城の痕跡を見つける事はできませんでした。

IMG_0790.JPG長久保城ー10.JPG
但し、丘に建つ城山神社やそこから黄瀬川を隔てた南に位置する長泉北中学校には急な斜面が残っています。確認できませんでしたがもしかすると長久保城の土塁かもしれません。

長久保城ー11.JPG長久保城ー12.JPG
城山神社から北に上がり三の丸があった現在の長泉北小学校の正門から道を隔てた場所に長久保城の土塁と空堀の跡があります。写真ではどこに土塁や空堀があるか見分けがつきませんが、竹藪の中を覗けばそれらを見ることができます。(この時期は竹を刈るべきだろうと思いました)
なお長久保城の空堀には北条家の畝掘と武田家の三日月堀があるそうです。

山中城ー1.JPG
これは三島市にある山中城趾公園内の畝掘です。(山中城は北条家の前線基地です)

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

身近な美しい草木-035 ジャカランダ [身近な美しい草木]

私たちの身近には山野草を始め、廻る季節に合わせて美しい花や葉を見せてくれる草木がたくさんあります。その中の食べて美味しく健康をもたらせてくれる葉・花・実は私のもうひとつのブログに載せていますが、食べられないために季節に合わせて美しい姿を見せてくれる草木を紹介する場が無かったのでここに載せる事にしようと思います。不定期な紹介になりますがお楽しみください。
----------------------------------------
梅雨に入ってしまったものの天気図を見たり衛星画像で雲の位置を確認すると未だ梅雨前線は南の方に位置しているので、一昨日の日曜日に雄大な富士の姿を見に玄岳に登りましたが天気は晴れていても濃い靄がかかり富士山を見ることはかないませんでした。
でも玄岳の頂上で360度の眺望を楽しんでいると熱海方面から登って来られた人が『熱海の”渚”ではジャカランダが見頃になってる』と話すので徒山(山歩きの意味)計画を変更して急きょ熱海に行ってきました。

ジャカランダー1.JPG
ジャカランダには30年位前にカリフォルニアに住んでいた時に出会いました。周りの人から『メキシコの桜って言うんだよ』と聞き、花色は日本の桜と違い瑠璃色ですが、春に葉が出る前に木の枝一杯に花が咲き、木に花色の雲がかかったみたいな様子は確かに桜っぽいと思ったことを思い出します。

<ジャカランダ>
中南米原産のノウゼンカズラ科キリモドキ属の高木または低木です。
葉は2回羽状複葉で合歓やアカシアの葉に似ています。花期は5~6月で花の形は円錐花序、花色は青や瑠璃色です(記憶では白花も見た気がするのですが熱海にはありませんでした)。

ジャカランダー4.JPG
観葉植物として売られている事もあり、実は我が家では5年ほど前から鉢植えで育てていますがまだ花は咲いたことがありません。木が太く育つまでは花が付かないのかと思っていたら熱海では低木でも花が咲いていたので今後に期待が膨らみました。

ジャカランダー3.JPG
熱海の海岸線、渚と言われる辺りにジャカランダの木が植えられています。カリフォルニアで見たジャカランダと違い、葉も茂っているので少しイメージが違いますが花は間違いなくジャカランダです。(気候の影響で葉と花が一緒に出るのでしょうか?)

ジャカランダー5.JPG
観光に訪れたお客さんも大勢木を見上げて花を見たり写真を撮ったりしていました。

未だ蕾もあったのでもう少しの間はジャカランダの花を見ることができそうです。興味のある方は熱海に遊びに行ってはどうでしょう?
タグ:四季の草木
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

長泉町内の観光スポット-023 愛鷹山の五輪の塔 [観光スポット]

私の住んでいる静岡県駿東郡長泉町は伊豆半島の付け根辺りに位置しています。
伊豆半島は本州で唯一フィリピン海プレートの上にあります。伊豆半島の元は約2000万年前の南海の海底火山でした。そして200~100万年前には南洋に浮かぶ火山島になり、プレートの北上に伴い100~60万年前にその火山島が本州に衝突し、その後も火山活動を繰り返しながら60~20万年前に現在の伊豆半島の形になったそうです。そのため長泉町には昔の火山活動の名残が多く存在します。また長泉町には旧石器時代から人が住んでいた跡が有ったり、鎌倉時代・戦国時代の旧跡や言い伝えが多かったり、近代では丹那トンネルができるまでは東海道本線の三島駅があったので各時代の観光スポットが揃っていてます。
そこで、散歩の途中で立ち寄った町内の観光スポットをここに紹介しようと思います。
不定期な紹介になりますがお楽しみください。
---------------------------------------
五輪の塔ー1.JPG
先週末に愛鷹山の山中にある五輪の塔に行ってきました。目的地は五輪の塔ですが、道中で愛鷹山特有のブナとアシタカツツジを見つけるのも目的のひとつです。

ガクウツギー1.JPG
ガクウツギー3.JPG
ガクウツギー2.JPG
愛鷹水神社に車を止め、林道を進み桃沢橋から山道に入り、つるべ落としの滝の方向に登ると愛鷹山の板状節理を観察できる場所一面にガクウツギが咲いていて、そこの空気を甘くしていました。

標識.JPG
更に登ると五輪の塔への分かれ道に出ます。ブナとアシタカツツジは五輪の塔に行く途中で見られると聞いていたのでそちらに向かいます。
写真はありませんが稜線に出るまでは、道幅が50cmもなく、踏み外すと一気に数m滑り落ちる様な道で、少し怖かったです。

ブナの新緑ー1.JPG
ブナの新緑ー2.JPG
落ちない様に注意しながら進んで稜線に出ると新緑のブナ林が待っていました。空気が澄んでて冷たくてここまでの疲れが吹っ飛びます。

山深いー2.JPG
途中の開けたところから山を見るとこんな感じで山深いです。

五輪の塔ー1.JPG
五輪の塔ー2.JPG
稜線をさらに進むと五輪の塔に到着です。愛鷹水神社から約1時間半かかりました。
五輪の塔には看板があり、五輪の塔が『裏街道を行く途中で息絶えた身分の高い女性を悼んで建てた塔』であることがわかりました。その頃はこの山道が”裏街道”だった事に驚きです。この道を割と大勢が通っていたとは想像できません。なお五輪の塔に彫られた文字は風化して見つける事すらできませんでした。後日調べたところでは五輪の塔の形式が鎌倉時代のものに近い事が分かり更に驚きです。

しかし、ここまでにもう一つの目的のアシタカツツジを発見できなかったので、少し戻ってつるべ落としの滝に向かいました。

つるべ落としの滝.JPG
愛鷹山山中の標高890mにあるつるべ落としの滝に着きましたが、この日は前日までに雨がなかったこともあり、落差20mもある滝はチョロチョロ流れている程度でした。

アシタカツツジー2.JPG
アシタカツツジー3.JPG まだアシタカツツジも見つけていないし滝もこんな状態なので、”残念だぁ!”と空を仰ぐと滝の上に方に赤い花が見えました。ズームしてみるとアシタカツツジでした。(葉が五枚、メジベが約10本なので間違いないと思います) これで今回の目的は達成したので満足して下山しました。 水のあるつるべ落としの滝については、このBlogの「長泉町の観光スポット-017 つるべ落としの滝」をご参照ください。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。