So-net無料ブログ作成
身近な美しい草木 ブログトップ
前の10件 | -

身近な美しい草木-035 ジャカランダ [身近な美しい草木]

私たちの身近には山野草を始め、廻る季節に合わせて美しい花や葉を見せてくれる草木がたくさんあります。その中の食べて美味しく健康をもたらせてくれる葉・花・実は私のもうひとつのブログに載せていますが、食べられないために季節に合わせて美しい姿を見せてくれる草木を紹介する場が無かったのでここに載せる事にしようと思います。不定期な紹介になりますがお楽しみください。
----------------------------------------
梅雨に入ってしまったものの天気図を見たり衛星画像で雲の位置を確認すると未だ梅雨前線は南の方に位置しているので、一昨日の日曜日に雄大な富士の姿を見に玄岳に登りましたが天気は晴れていても濃い靄がかかり富士山を見ることはかないませんでした。
でも玄岳の頂上で360度の眺望を楽しんでいると熱海方面から登って来られた人が『熱海の”渚”ではジャカランダが見頃になってる』と話すので徒山(山歩きの意味)計画を変更して急きょ熱海に行ってきました。

ジャカランダー1.JPG
ジャカランダには30年位前にカリフォルニアに住んでいた時に出会いました。周りの人から『メキシコの桜って言うんだよ』と聞き、花色は日本の桜と違い瑠璃色ですが、春に葉が出る前に木の枝一杯に花が咲き、木に花色の雲がかかったみたいな様子は確かに桜っぽいと思ったことを思い出します。

<ジャカランダ>
中南米原産のノウゼンカズラ科キリモドキ属の高木または低木です。
葉は2回羽状複葉で合歓やアカシアの葉に似ています。花期は5~6月で花の形は円錐花序、花色は青や瑠璃色です(記憶では白花も見た気がするのですが熱海にはありませんでした)。

ジャカランダー4.JPG
観葉植物として売られている事もあり、実は我が家では5年ほど前から鉢植えで育てていますがまだ花は咲いたことがありません。木が太く育つまでは花が付かないのかと思っていたら熱海では低木でも花が咲いていたので今後に期待が膨らみました。

ジャカランダー3.JPG
熱海の海岸線、渚と言われる辺りにジャカランダの木が植えられています。カリフォルニアで見たジャカランダと違い、葉も茂っているので少しイメージが違いますが花は間違いなくジャカランダです。(気候の影響で葉と花が一緒に出るのでしょうか?)

ジャカランダー5.JPG
観光に訪れたお客さんも大勢木を見上げて花を見たり写真を撮ったりしていました。

未だ蕾もあったのでもう少しの間はジャカランダの花を見ることができそうです。興味のある方は熱海に遊びに行ってはどうでしょう?
タグ:四季の草木
nice!(0)  コメント(0) 

身近な美しい草木-034 あたみ桜-2 [身近な美しい草木]

私たちの身近には山野草を始め、廻る季節に合わせて美しい花や葉を見せてくれる草木がたくさんあります。その中の食べて美味しく健康をもたらせてくれる葉・花・実は私のもうひとつのブログに載せていますが、食べられないために季節に合わせて美しい姿を見せてくれる草木を紹介する場が無かったのでここに載せる事にしようと思います。不定期な紹介になりますがお楽しみください。
----------------------------------------
昨年末に知人から「今季のあたみ桜はいつもより開花が早くもう咲き始めているよ」と連絡があったので、1月8日に”今年最初の桜の花見”に行きました。
あいにくの曇りだったので雨が落ちてくる前にと午前中に熱海に着き、マックスバリューの駐車場に車を止め、糸川を目指して東に向かうと市役所前のあたみ桜は1~2分咲きと少しがっかりでしたが、糸川沿いはそこより日当たりが良いので淡い期待を胸に歩きました。

熱海桜 170108-2.JPG
糸川に着くとすぐにあたみ桜が目に飛び込んできました。全体としては3分咲き程度ですが、木によっては5分咲き以上のものもありました。

熱海桜 170108-3.JPG
熱海桜 170108-1.JPG

熱海と言えば『梅園』が有名ですが、河津桜より早く咲く『あたみ桜』と言うブランド桜も熱海にはあります・・・こちらはあまり有名ではありませんが。

ちなみに、あたみ桜と河津桜の違いを比較すると
あたみ桜とは・・・
・寒緋桜と山桜の交配種        : 河津桜は、寒緋桜と大島桜の交配種
・明治4年にイタリヤ人がもたらした : 河津桜は、昭和30年に河津町在住の飯田氏が発見
・色は薄い桃色              : 河津桜は、やや濃い桃色
・1月から2月に咲く           : 河津桜は、少し遅れる

あたみ桜は熱海市の中心を流れる糸川沿いと港近くにある小公園に割と多く植えられています。
たぶん今週末から2月中旬までが見頃でしょう。もしこの時期に熱海に行かれる方はちょっと寄ってみてはいかがですか。


タグ:四季の草木
nice!(1)  コメント(0) 

身近な美しい草木-033 カンアオイ [身近な美しい草木]

私たちの身近には山野草を始め、廻る季節に合わせて美しい花や葉を見せてくれる草木がたくさんあります。その中の食べて美味しく健康をもたらせてくれる葉・花・実は私のもうひとつのブログに載せていますが、食べられないために季節に合わせて美しい姿を見せてくれる草木を紹介する場が無かったのでここに載せる事にしようと思います。不定期になりますが(私見で)馴染みの少ない花たちを紹介しようと思いますのでお楽しみください。
---------------------------------------
昨年12月に放送大学の皆さんと愛鷹山の登り口の”愛鷹山水神社”から”桃沢川源流地点”経由”うろこ岩”まで散策した時に、うろこ岩近くの道端にカンアオイが咲いていました。そこにカンアオイが群生しているのは知っていましたが実物の花を見るのは初めてでした。
(愛鷹山水神社・桃沢川源流地点・うろこ岩は、このBlogの『長泉町の観光スポット-001うろこ岩』・『長泉町の観光スポット-015水神社』・『長泉町の観光スポット-022桃沢川源流地点』をご覧ください)

この地味でちょっと見では花に見えないものがカンアオイの花です。
IMG_0329.JPG
葉は心臓型で白い斑紋があるので割と簡単に見つけられますが、冬に土に埋もれるように葉の下に隠れて葉柄の付け根に咲く直径2cm程の小さな暗紫色の花は、葉の下を覗き込まないとなかなか見つけられません。

<カンアオイ>
ウマノスズクサ科カンアオイ属の常緑の多年草です。
自生場所は千葉から静岡あたりで、別名もカントウアオイと言います。
花期は10月~3月、花色は暗紫色。
山地の林下に生える常緑草で、半日蔭で湿度高目な場所を好むので、庭の下草などに使えそうです。


【1年間枯れ保証】【下草】カンアオイ 10.5cmポット 【あす楽対応】




カンアオイ「パンダカンアオイ」




カンアオイ 野生種 3ポットセット




【中古】 持ち歩き図鑑 身近な野草・雑草 主婦の友ポケットBOOKS/菱山忠三郎【著】 【中古】afb



タグ:四季の草木
nice!(0)  コメント(0) 

身近な美しい草木-032 アケボノソウ [身近な美しい草木]

私たちの身近には山野草を始め、廻る季節に合わせて美しい花や葉を見せてくれる草木がたくさんあります。その中の食べて美味しく健康をもたらせてくれる葉・花・実は私のもうひとつのブログに載せていますが、食べられないために季節に合わせて美しい姿を見せてくれる草木を紹介する場が無かったのでここに載せる事にしようと思います。不定期になりますが(私見で)馴染みの少ない花たちを紹介しようと思いますのでお楽しみください。
---------------------------------------
2日前に愛鷹山の入り口にある長泉町のパワースポットの『水神社』に行ってきました。
目的は社殿で湧き出している水を汲む事でした。以前より「水神社の水で点てたお茶・コーヒーは味が違う」と周りに話をしていたところ、「それじゃぁ実際に汲んで確かめてみよう」と話が決まり、出かけてきました。水汲みの量はポリタンクや大型ペットボトルが総計で16にもなったので、想定外に力の要る作業でしたが、「確かに味が違う」「ご飯を炊くのにも使ってみた」等と皆さんが満足してくれたので甲斐がありました。(『愛鷹山 水神社』について詳しく知りたい方はこのBlogの「長泉町の観光スポット-015 水神社」をご覧ください)
当日は初夏の様に明るく晴れやかだった上に愛鷹山としては珍しく川の水量が多かったので、水汲みの前に徒歩で10分くらい山を登り『桃沢川の水源』や『うろこ岩』に行きました。(『桃沢川の水源』は近々報告しようと思います。『うろこ岩』について詳しく知りたい方はこのBlogの「長泉町の観光スポット-001 うろこ岩」をご覧ください)
その途中に咲いていたのが『アケボノソウ』です。
アケボノソウ.jpg
白い小さな星形の花が目立ち、5角形の巾着のような蕾がかわいらしくついています。
よく見ると花は星形の5裂だけでなく手裏剣の様な4裂のものが混在していて面白いです。
*当日は水汲み目的だったのでカメラを持たずに来てしまい、スマホで撮影したのでちょっと見難いかもしれません*

<アケボノソウ>
リンドウ科センブリ属の2年草です。
北海道から九州の湿った山地に自生しています。
花期は9月~10月で、白色の花は4~5裂します。
各片をルーペなどで覗くと緑紫色の小さな点々と黄紫色の2つの斑点が見えます。その様子が明け方の空に残る星に見えると言う事が名の由来になっています。豊かな感性に感動です。


【S-207】アケボノソウと紅葉アケボノソウ 5本、紅葉6枚【飛騨】【山野草の押し花】【押し花パック】【押し花素材】【手作り】【キット】




送料無料/山野草ガイドブック 見かけた場所ですぐわかる400種/平野隆久



【中古】 持ち歩き図鑑 身近な野草・雑草 主婦の友ポケットBOOKS/菱山忠三郎【著】 【中古】afb



タグ:四季の草木
nice!(0)  コメント(0) 

身近な美しい草木-031 ガマズミ [身近な美しい草木]

私たちの身近には山野草を始め、廻る季節に合わせて美しい花や葉を見せてくれる草木がたくさんあります。その中の食べて美味しく健康をもたらせてくれる葉・花・実は私のもうひとつのブログに載せていますが、食べられないために季節に合わせて美しい姿を見せてくれる草木を紹介する場が無かったのでここに載せる事にしようと思います。不定期になりますが(私見で)馴染みの少ない花たちを紹介しようと思いますのでお楽しみください。
---------------------------------------
少し前にPCが故障しました。何とか使えるようにしたもののバックアップファイルが半年前のものしか無かったので、この半年間にBlogにUpしたものやこれからUPしようと準備していたものに関する資料・調査内容・写真が吹っ飛んでしまいました。そのショックもありしばらくBlobを更新できませんでした。

そんな中、今日は散策に絶好の日和だったので近くに山を歩いてみました。
私が家の中でウジウジしていても季節は巡り、気が付くと秋真っ只中でした。トチの葉はまだ青々していましたが少しだけ実が落ちていました。傍らにはガマズミが真っ赤な実をつけていたので、何年かぶりにガマズミ酒でも作ろうかと採取してきました。
少し量が多かったので生食でも楽しもうと洗っていたところ赤色がきれいだったのでふざけて花瓶に投げ込んでみました。
ガマズミ .JPG
縄文時代の火炎土器の様にも見えます。
姿を楽しみながら一粒づつつまんで独特な甘酸っぱさを堪能したいと思います。

<ガマズミ>
ガマズミは落葉低木の木です。
秋に小さな美しい赤い実をたくさんつけるのは知られていますが、葉は紅葉して楽しめます。また初夏には小さい白い花がたくさん集まって咲き、かすかな香りを楽しむことができます。
熟した赤い実は食べる事ができます。
酸味があるので果実酒にしても美味しいです。特に晩秋の頃には甘味が出てくるので生食やジャムがお勧めです。

ガマズミの実にはアントシアニンが多いので、血液サラサラ効果があり、ガンや動脈硬化の予防・視力回復などの生活習慣病予防の改善が見込めます。
またビタミンCも豊富で、美容・美肌・新陳代謝促進・アンチエージングに効果が期待できます。
クエン酸も含んでいるので、山歩きで疲れた時には疲労回復に良いです。
(詳しくは私の別のBlog http://kuwainohajime.blog.so-net.ne.jp/ 「山菜・山野草-036 ガマズミ」をご覧ください)


【中古】 旬を見つける 山菜・木の実 見分ける楽しみ、味わう喜び 満喫したい季節の彩り /平野隆久(著者),今井國勝(著者),今井万岐子(著者) 【中古】afb



【1年間枯れ保証】【葉や形を楽しむ木】ガマズミ 0.3m 【あす楽対応】



【宅急便・送料無料】 ガマズミ100%果汁・健康飲料『ジョミ』 (600ml入りで約1ヶ月分★1日たったの77円で健康維持!)【P15Aug15】



タグ:四季の草木
nice!(0)  コメント(0) 

身近な美しい草木-030 コルチカム [身近な美しい草木]

私たちの身近には山野草を始め、廻る季節に合わせて美しい花や葉を見せてくれる草木がたくさんあります。その中の食べて美味しく健康をもたらせてくれる葉・花・実は私のもうひとつのブログに載せていますが、食べられないために季節に合わせて美しい姿を見せてくれる草木を紹介する場が無かったのでここに載せる事にしようと思います。不定期になりますが(私見で)馴染みの少ない花たちを紹介しようと思いますのでお楽しみください。
---------------------------------------
明日から台風もしくは熱低の影響で風雨が強くなると聞いたので庭の鉢植えを避難させていたら、庭のあちこちにコルチカムの花が顔をのぞかせてました。
CIMG1806.JPG
CIMG1807.JPG
早速掘り出して球根を洗って土を落とし室内に飾る準備をしました。

コルチカムとの付き合いは、確か・・・20数年前、長男が幼稚園の時に園内バザーで1個¥100だった球根の最後の1個を買ったのが始まりだったと記憶しています。
コルチカムは今の時期に球根からスゥと伸ばした柄の先に可愛らしい花を次から次に咲かせます。それも掘り出した球根を置いておくだけで良いです(水も要りません)。
更に花が終わったら後の処理は、地に戻すだけで良いんです。その後の水遣りを欠かさなければ、冬に球根は割れて数を増やし、晩冬から晩春にかけてそれぞれの球根は葉を出して栄養を蓄え、夏にその葉が枯れると初秋に再び花を咲かせる不思議な植物です。

CIMG1804.JPG
2個の球根を1つの皿に置いてみました。このまま食卓や玄関に飾れそうです。

<コルチカム>
ユリ科コルチカム属の多年草(球根植物)です。
アルメニアの古都コルキスにちなんで名がつけられたそうです。別名としてイヌサフランやアキズイセンとも呼ばれます。
花期は9月~11月で、花色はピンクが多いですが白や黄もあります。
また花期には葉は無く、球根を置いておくだけでも開花するので室内に飾るには便利です。


【中古】 咲く順でひける四季の花事典 育てて楽しい素敵な花437種 / 鈴木 路子 / 成美堂出版 [単行本]【メール便送料無料】【あす楽対応】






【球根】秋咲き球根 お勧めセットコルチカム ウオーターリリー 4球セット(八重咲き)¥2300秋咲き!!(花色は桃花色)送料:本州・四国・九州地区 【送料無料】(球根の同梱は可能です。)7月より出荷!! 9月〜咲き



八重咲きコルチカム(1球)【花】【球根】【アタリヤ農園】



(観葉)秋を彩る。 どこでも咲く球根 コルチカム ザジャイアント 1球詰(1袋)



タグ:四季の草木
nice!(2)  コメント(0) 

身近な美しい草木-029 タカサゴユリ [身近な美しい草木]

私たちの身近には山野草を始め、廻る季節に合わせて美しい花や葉を見せてくれる草木がたくさんあります。その中の食べて美味しく健康をもたらせてくれる葉・花・実は私のもうひとつのブログに載せていますが、食べられないために季節に合わせて美しい姿を見せてくれる草木を紹介する場が無かったのでここに載せる事にしようと思います。不定期になりますが(私見で)馴染みの少ない花たちを紹介しようと思いますのでお楽しみください。
---------------------------------------
毎年この時期に散歩や車で出かけると「あれっ?こんなところにユリが咲いてたかな?」と思う事がありませんか。多くのユリは初夏が花期なので、この時期に咲き誇っているのはテッポウユリかタカサゴユリです。
我が家ではミカンの木の下にタカサゴユリが毎年咲きます。
義母はタカサゴユリが好きで、我が家の庭にも植えるようにと渡されたものが代を重ねて今でも毎年元気に咲いてくれています。
でも最初の花を見た時からしばらくは「このユリは花の表も裏も真っ白なのでテッポウユリだろう。お義母さんは間違え覚えてしまったのかな?」と思っていましたが、最近「タカサゴユリにも真っ白なものがあるのでテッポウユリとの違いは葉が細長いかで区別する」と聞いてお義母さんが正しかった事が分かりました。

<タカサゴユリ>
ユリ科ユリ属の植物で明るい場所に自生し、海岸から平地の草原や荒地に広く分布しています。
タカサゴユリー2.JPG
花期は7~9月と他のユリより遅く、花長は 20cmほどで直径は 5cm 程度とテッポウユリよりも大型です。
タカサゴユリー3.JPG
タカサゴユリー1.JPG
花は横向きでやや下にしなだれます。

タカサゴユリは名前のとおり台湾原産の帰化植物です。観賞用として大正時代に導入されました。
日本原産のテッポウユリによく似た花を咲かせますが、花の外側が赤褐色を帯びているのが違いです。但しテッポウユリとの自然雑種も多く、中間的な姿をしている個体もあるので花色だけでは区別し難いです。タカサゴユリの葉はテッポウユリより細いので葉で区別するのが良さそうです(タカサゴユリにはホソバテッポウユリの別名があります)。
タカサゴユリは他のユリが他家受粉するのに対して自家受粉で種子をたくさん付けます。その種が風などであちこちに散らばり、1年目は茎を形成せず数枚の細長い葉を伸ばすだけなので根付いた事に気が付きにくく、2年目には花茎を伸ばして開花します。他のユリが発芽後数年かけて開花するのと比べると格段の繁殖力です。
そして花茎は年を追う毎に高くなり1.5mほどになります。同時に花茎は太くもなりたくさんの花をつけてくれます。しかし連作障害があるので気が付いた時には突然全滅したりします。


【中古】 咲く順でひける四季の花事典 育てて楽しい素敵な花437種 / 鈴木 路子 / 成美堂出版 [単行本]【メール便送料無料】【あす楽対応】



タグ:四季の草木
nice!(0)  コメント(0) 

身近な美しい草木-028 ウバユリ [身近な美しい草木]

私たちの身近には山野草を始め、廻る季節に合わせて美しい花や葉を見せてくれる草木がたくさんあります。その中の食べて美味しく健康をもたらせてくれる葉・花・実は私のもうひとつのブログに載せていますが、食べられないために季節に合わせて美しい姿を見せてくれる草木を紹介する場が無かったのでここに載せる事にしようと思います。不定期になりますが(私見で)馴染みの少ない花たちを紹介しようと思いますのでお楽しみください。
---------------------------------------
東海地方は梅雨も明けて夏真っ盛りです。
梅雨明け後の今の時期は長泉町から愛鷹山に向かう際の玄関口にある『つるべ落としの滝』が見頃なので、森林浴(マイナスイオンのシャワー)とミステリアスパワー浴と涼を求めて登ってきました。
途中の山道にユリが3種咲いていたので報告します。
(『つるべ落としの滝』については、近々このBlogの「旅行・観光スポット」で報告します)

<ウバユリ>
ウバユリ.JPG
長泉町を流れる桃沢川(昔は愛鷹山を端とする川が多いため総称して百沢川と言ったそうです)を遡り、川の始点となる愛鷹山水神社(詳しくは「長泉町の観光スポット-015」を参照ください)を過ぎて更に登り、うろこ岩(詳しくは「長泉町の観光スポット-001」を参照ください)を左手に見ながら通り過ぎ、登山道に入る少し手前まで来たら、道の真ん中に往来を遮るように50~60cmのウバユリが立ち上がっていました。まだ開花前だったので、今月末もしくは来月初に花を確認に行こうと思います。
ユリ科ユリ属の植物。
関東以西に分布し林の中に自生します。花期は7~8月です。
葉は丸く縁が波打っていて他のユリの葉とは全く違います。
葉は太い茎の途中に集まり、花が咲くころには枯れてしまいます。「葉」を「歯」に置き換えて、歯の無い姥に例えてこの名が付いたようです。
またヤマユリ同様、鱗茎は食用になるようです。
なお日本海側や東北地方には2mを超すオオウバユリと言うものがあるそうですが私は見たことがありません。

この時期に山に行くと必ずお目にかかるのはオニユリとヤマユリです。綺麗に咲いていたので”馴染みの無い花たち”ではありませんが報告します。

<オニユリ>
オニユリ.JPG
桃沢川を遡り始めるとすぐにオニユリが咲いていました。
鮮やかな朱色が目に飛び込んできました。
すぐ手の届くところにあったので葉の付け根にあるムカゴを4つ採ってきました。鉢に播いて来年鉢植えで楽しもうと思います。
なお花やムカゴを採る時に花粉に触らない様に注意してください。朱色がついてしまうとなかなか落ちません。
ユリ科ユリ属の植物。
北海道~九州まで分布し野原や土手に自生します。花期は7~9月です。
鮮やかな朱色の花が鬼の顔に見立てられてこの名になったそうです。

<ヤマユリ>
ヤマユリ.JPG
更に少し遡ると背が高く大きな白い花と強烈な甘い香りでヤマユリが咲いているのに気が付きました。
ユリ科ユリ属の植物。
近畿以北の本州に分布し林の縁に自生します。花期は6~8月です。
ユリの名は風にそよぐ花の様子から、漢字の「百合」は鱗茎の様子からついたと言われます。
鱗茎は美味で精進料理などで使われています。


山野草ガイドブック [ 平野隆久 ]




【中古】【メール便可】咲く順でひける 四季の花事典 / 鈴木路子




タグ:四季の草木
nice!(2)  コメント(0) 

身近な美しい草木-027 オオガハス [身近な美しい草木]

私たちの身近には山野草を始め、廻る季節に合わせて美しい花や葉を見せてくれる草木がたくさんあります。その中の食べて美味しく健康をもたらせてくれる葉・花・実は私のもうひとつのブログに載せていますが、食べられないために季節に合わせて美しい姿を見せてくれる草木を紹介する場が無かったのでここに載せる事にしようと思います。不定期になりますが(私見で)馴染みの少ない花たちを紹介しようと思いますのでお楽しみください。
---------------------------------------
オオガハスー2.JPG
駿東郡長泉町下土狩駅すぐ隣のコミュニティーセンター2階の文化財展示館の横にオオガハスが見頃を迎えています。

オオガハスー3.JPG
ハスはそれぞれ甕で育成されているようで15個の甕の中のハスが花を咲かせていてきれいです。(蕾があったので、もうしばらくは花を楽しめるのではないかと思います。)
また昨日の雨の後なのでハスの葉の上にはひとつづつ水の玉が乗っていて、それもまた趣がありました。

<オオガハス>
オオガハスー1.JPG
オオガハスは1952年に千葉県検見川の落合遺跡で発掘された今から2,000年以上前の古代のハスの種から発芽・育成・開花させたものです。
植物学者でハスの権威であった大賀一郎博士が発芽・育成を試みて、1年かけて1952年7月にピンクの大輪の花を開花させました。このことはアメリカの雑誌にも『世界最古の花、生命の復活』として紹介されました。(私の生まれるずっと前に話ですが、中学生の頃、歴史の先生から「大昔の花の種が奇跡的に花を咲かせた」と聞いた記憶があります。きっとこのハスの事だったんでしょう。)
大賀博士が年代測定してこのハスは弥生時代以前のものであると推定され、博士の姓をとり『大賀ハス(オオガハス)』と命名されました。
オオガハスは千葉県の天然記念物ですが、千葉市から長泉町が株を譲り受けて大切に育てているとの事です。
池ではなく甕の中で育った薄ピンクの大きな花びらを持つオオガハスの見ごろは7月上旬と聞きました。あまり日はありませんが興味のある方は見に来られてはどうでしょう。
*JR下土狩駅から南へ徒歩3分*


【中古】【メール便可】咲く順でひける 四季の花事典 / 鈴木路子




葉っぱで調べる身近な樹木図鑑増補改訂版 [ 林将之 ]




身近な野草・雑草




野の花 新ヤマケイポケットガイド / 木原浩 【全集・双書】




(ビオトープ/蓮)ハス(ピンク) 大賀蓮(オオガハス)(1ポット)



タグ:四季の草木
nice!(0)  コメント(0) 

身近な美しい草木-026 ノカンゾウ [身近な美しい草木]

私たちの身近には山野草を始め、廻る季節に合わせて美しい花や葉を見せてくれる草木がたくさんあります。その中の食べて美味しく健康をもたらせてくれる葉・花・実は私のもうひとつのブログに載せていますが、食べられないために季節に合わせて美しい姿を見せてくれる草木を紹介する場が無かったのでここに載せる事にしようと思います。不定期になりますが(私見で)馴染みの少ない花たちを紹介しようと思いますのでお楽しみください。
---------------------------------------
ノカンゾウー2.JPG
今年も鉢植えのノカンゾウが咲きました。
昨日まで蕾が日ごと膨らんできていましたが、今朝大きなオレンジ色の花を付けました。
八重咲のヤブカンゾウも賑やかで良いですがノカンゾウの方が静かな感じがして好きです。(ノカンゾウの方が相対的に数が少ないので希少ですし)
残念なのは、カンゾウは1日草なので花は朝咲いても夕方には萎んでしまうため、愛でる時間が短い事です。また3倍体のため結実もしません。(地下茎で増えます)
と言う理由もあり、せっかくの花はしばらく眺めて楽しんだ後、萎む前に摘んで三杯酢にして「いただきます」。
実はカンゾウ(ノカンゾウ・ヤブカンゾウ)は食べられる山野草です。

ノカンゾウー1.JPG
春は芽吹いたばかりの若芽を採取して、さっと茹でてお浸しや和え物等にすると、甘くて美味しいんです。
花もさっと茹でて酢の物にすると彩が綺麗で、食感がシャキッとしていて美味しんです。
(詳しくは私の別のBlog http://kuwainohajime.blog.so-net.ne.jp/ 「山菜・山野草-009 ノカンゾウ」をご覧ください)

<ノカンゾウ>
ユリ科ワスレグサ属の多年草。
原産地 :中国
自生場所:北海道~九州の野原・土手・畑地の隅など。
園芸種 :へメロカリス。
花期  :6~8月。(若芽は2~3月が収穫時期)


【中古】【メール便可】咲く順でひける 四季の花事典 / 鈴木路子




葉っぱで調べる身近な樹木図鑑増補改訂版 [ 林将之 ]




身近な野草・雑草




野の花 新ヤマケイポケットガイド / 木原浩 【全集・双書】




タグ:四季の草花
nice!(1)  コメント(0) 
前の10件 | - 身近な美しい草木 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。